スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板垣さん発見15個目の超新星 重力崩壊で最軽量(産経新聞)

 山形市のアマチュア天文家、板垣公一さん(62)が2005年7月に発見した超新星は、太陽の質量の10倍程度の星が外側の水素の層をはぎ取られた後に起こした大爆発だったことが、広島大宇宙科学センター、東大数物連携宇宙研究機構などの国際研究グループの分析で分かった。20日付の英科学誌「ネイチャー」に発表した。

 この超新星は、地球から約1億光年離れた楕円(だえん)銀河に見つかった「SN2005cz」。研究グループの川端弘治・広島大准教授らによると、超新星爆発には太陽の8倍以上の重い恒星が重力崩壊を起こして爆発するタイプと、白色矮星(わいせい)が太陽の1・4倍の質量に達して核爆発を起こすタイプがあり、「SN2005cz」は重力崩壊型。

 このタイプでは、これまで太陽の8~12倍の軽いクラスの観測例がなく、「SN2005cz」は重力崩壊型で最軽量の超新星となった。川端准教授は「太陽の10倍程度の星が、確かに超新星になることが実証された。理論的には超新星の中で大きな割合を占めているはずで、銀河の形成や元素の起源の解明に結びつく成果」と話す。

 板垣さんはこれまでに59個の超新星を発見。15個目に見つけた超新星で、論文の共著者になった板垣さんは「星を探すのが楽しくてしかたない。趣味が学問に役立てられるのはとても光栄」と話した。

【関連記事】
山形のアマチュア天文家、60個目の超新星を発見
超新星、大阪のファンに「まいどおおきに」
「クラゲ星雲」火の玉だった X線天文衛星で観測
明るさ、太陽の80億倍 超新星、国内研究チーム発見
超新星爆発の観測に成功 東大・広大のグループ

<朝鮮総連>議長ら再任 朝鮮学校への高校無償化適用求める(毎日新聞)
<地籍調査>過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ(毎日新聞)
2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】
三原じゅん子、女優引退宣言 谷亮子を挑発「二足のわらじは無理」(スポーツ報知)
両陛下が障害者施設をご訪問(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ミスターけんじおおしま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。